ナンバー銀行の秘密

日本最古のナンバー銀行・第四銀行

日本最古のナンバー銀行・第四銀行

第四銀行の預金と定期預金

第四銀行は、他の金融機関と同様に預金が充実しています。普通預金や定期預金、外貨預金などがあり、貯蓄や資産運用において広く活用されるようになっています。第四銀行は、新潟では古くから新潟で営業を行ってきた銀行です。地元では預金者が非常に多く、利用しやすい銀行として多くの県民に対応できる店舗数をもっています。

第四銀行の預金では、普通預金の金利が0.02パーセントと他の金融機関と変わらないのですが、定期預金では大口になると、5年もので0.06パーセントと金利が上がることが特徴となっています。これは、第四銀行ならではの特徴です。

金利の高い定期預金は、預け入れ期間が1ヵ月から5年までのスーパー定期預金コースがあります。この定期預金では、100円以上300万円未満まで預けることができます。1年もので0.025パーセント、3年もので0.03パーセントです。さらに、定期預金では、300万円以上から預けられるスーパー定期300があります。スーパー定期300は、金利の高い商品で長期の運用に最適です。ちなみに、定期預金の金利の最高峰はインターネット銀行でしょう。

第四銀行の定期預金には変動金利型定期預金もあります。この定期預金は、300万円未満の2年もので0.035パーセントと金利は高めです。また、預金では貯蓄性のある貯蓄預金がありますが、安定感があっても0.02パーセントと金利は低めです。

第四銀行では、退職金を受け取る人のための退職金プラン、ワンダフルライフ応援定期預金を用意しています。この預金は、スーパー定期やスーパー定期300の店頭表示金利よりも2パーセント上乗せするもので、退職金専用定期預金として退職金運用プランに最適です。

第四銀行では、金利の高い外貨預金も好評です。たとえば、1年ものの米ドル建外貨定期預金では10万ドル以上で金利は0.05パーセント、オーストラリアドル建外貨定期預金で10万ドル以上を預けた場合、1.00パーセントと高金利で活用できます。